メッキ処理の種類とは何か

一言にメッキと言うと、多くの人は錆び防止加工の事を思い浮かべる傾向があります。 屋外で雨風にさらされる金属製品の場合、錆びや腐食を防ぐ為にメッキ処理が行われる事も多々あるので、決して間違いではありません。

 

しかし、メッキにはいくつもの種類があり、行う工法によって特性や用途が異なってきます。 最も一般的なのは電気めっきと呼ばれるもので、表面に対して別の金属を電着させる事によって、錆び・腐食の防止に加えて伝導性などを変化させる方法です。

 

金や銀、銅メッキなどの代表的な金属を用いるのは、ほとんどがこの電気めっきになります。 電気めっきの他に用いられる方法としては、研磨を用いる工法や化学反応を利用する工法が存在します。

 

化学反応を利用する場合は、金属表面部分に化合物を生成させる化成処理や、電解質溶液に浸すことで意図的に反応を起こして表面に膜を作る陽極酸化処理などがあります。 この他にもメッキには多くの工法が存在していますが、必要に応じて金属表面の性質を変化させる目的においてはどれも同じになります。

 

<無電解メッキとは> 無電解メッキというのは、溶液の中で品物の表面に還元反応を使って、メッキする金属を析出させるものです。 ほとんどの金属や非金属まで幅広くメッキを行うことができ、メッキの膜厚も非常に精度が高いので、主として機能を重要視するような工業用として使用されています。

 

また、樹脂にメッキを行う場合の下地用としても必要なものです。 無電解メッキの代表的なものに無電解ニッケルメッキがあります。 無電解ニッケルメッキは、市場が近年急に拡大してきました。 形状が複雑でも均一な膜厚でメッキができます。 さらに、機能的特性、物理的特性、電気的特性が高く評価されて、いろいろな分野で使われています。 プラスチックメッキも無電解メッキの代表的なものです。

 

プラスチックスは、メタリック仕上げや塗装等いろいろな成形技術や表面処理によって、いろいろな外観のものがあります。 しかし、飛躍的に商品価値をアップさせるような、プラスチックスを金属化する最も適した方法はプラスチックメッキでしょう。

 

<溶融亜鉛メッキ> 溶融亜鉛メッキというのは、塗装と比較して耐食性が非常に高いものです。 最近では、屋外で使うようなものは溶融亜鉛メッキの表面処理を行うというものがほとんどになってきています。 では、この溶融亜鉛メッキというのはどのように処理を行うのでしょうか?

 

溶融亜鉛メッキの処理については、インターネットなどを見てみるといろいろ詳しく紹介されています。 特に鉄骨に溶融亜鉛メッキの処理を施すというのは、非常に気を使って行う作業です。 しかし、いくら気を使って作業を行っても、メッキの槽に入れた際の材質による歪や残留応力の発生というのはほとんど予測がつきません。

 

このように予測がつかない歪や残留応力をできるだけ抑制するためにも、施工をきちんと行うことが必要です。 施工をきちんと行うためには、十分に空気を抜く穴を確保すること、十分にメッキが流れる穴を確保することが必要です。 こうすれば、きれいにメッキの表面を仕上げることができます。

 

PR|FXシストレ|FXシストレ|目黒区のシェービング用エステサロン|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集|超SEO対策|